備えておくと安心出来る!家で今すぐ出来る落雷防止方法について紹介します!

こちらのサイトは、異常気象で多発している雷の対策について役立つ情報を幅広くご紹介しています。
オフィスビルなどの場合は、避雷針を設置して雷が落ちても地中に高電流を流すなど建築物の保護を行うことができますが、一般的な住宅は避雷針などの設置はないので雷の被害への不安は大きなものになりがちです。
そのため、安心できる落雷防止方法にはどのようなやり方があるのか備えておけば安心に繋がる、雷が鳴ったときには電化製品のコンセントを抜く、火災保険や火災救済などを備えるなどのやり方がおすすめです。

備えておくと安心出来る!家で今すぐ出来る落雷防止方法について紹介します!

家の中では様々な電化製品があり、生活の質を向上させることができる時代です。
しかし、このような電化製品は落雷の被害で一瞬に破壊されてしまう、使い物にならなくなるケースも決してゼロではありません。
最近は、異常気象などからも雷の発生率そのものが増えていて電化製品の被害リスクも高めです。
落雷防止で最も簡単にできる方法は電化製品のプラグをACコンセントから抜くやり方、これに加えて家庭用のSPDを導入して落雷から電子機器を守るなどのやり方があります。
なお、SPDは雷サージのような過度的な過電圧を制御してサージ電流を分留するための装置、1個以上の非線形素子が内蔵されていて雷サージから電化製品を保護する役割を持ちます。

電子機器への落雷防止のための避雷器について

落雷が起こると、人なら死亡することもあり建物も火事や崩壊の危険性があります。
直接人や建物に落ちず、何kmも離れた場所に落ちても建物の中の電気製品を壊してしまう可能性があります。
それは落雷が起こると一時的に異常に高い電流と電圧が発生する雷サージといわれる現象が起こり、それが電線などを通って建物内の電気機器にまで侵入するからです。
すると急に停電が起こり、電子機器が壊れてしまうこともあります。
個人宅にしても企業にしても、停電が起こったりパソコンが壊れたりデータを失ったりするととても困ったことになります。
そのため落雷の被害を防止するために、避雷器というものを取り付けることが勧められます。
建物に避雷針があってもそれは建物を守るためにあり、建物内の電気や電子機器まで守れるものではありません。
避雷器を設置しておくことで、電子機器など建物の中にある電気製品に被害が及ぶことを防止できるのです。
分電盤に取り付けると電源側から侵入する雷を避雷器に集め、アースを通じて地面に流します。
分電盤に取り付けるだけでなく、信号回線や電話回線用のものもあります。
このような器具を用いることで、いつ落雷が起きても大切な電子機器を守ることができるので安心です。

落雷に関する情報サイト
落雷対策のお役立ち情報

こちらのサイトは、異常気象で多発している雷の対策について役立つ情報を幅広くご紹介しています。
オフィスビルなどの場合は、避雷針を設置して雷が落ちても地中に高電流を流すなど建築物の保護を行うことができますが、一般的な住宅は避雷針などの設置はないので雷の被害への不安は大きなものになりがちです。
そのため、安心できる落雷防止方法にはどのようなやり方があるのか備えておけば安心に繋がる、雷が鳴ったときには電化製品のコンセントを抜く、火災保険や火災救済などを備えるなどのやり方がおすすめです。

Search